論文の投稿・確認         English   

Kagoshima University Repository >
農学部 >
農学部・紀要論文 >

このアイテムへのリンクには次のURLをご利用ください: http://hdl.handle.net/10232/1481

 

登録ファイル

KJ00004292890.pdf859KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ブロイラー筋胃びらんから分離された鶏アデノウイルスの血清型および筋胃病変の再現試験
別言語のタイトル :Fowl Adenoviruses Isolated from Gizzard Erosion of Broiler : Serotype and Pathogenicity
著者 :山田, 貴美子
高瀬, 公三
田原口, 智士
山崎, 憲一
太田, 秀幸
平良, 和代
高江, 行一
別言語の著者 :YAMADA, Kimiko
TAKASE, Kozo
TAHARAGUCHI, Satoshi
YAMAZAKI, Kenichi
OHTA, Hideyuki
TAIRA, Kazuyo
TAKAE, Yukikazu
髙瀬, 公三
作成日 :2005-3-1
要約(Abstract) :鹿児島県内の食鳥処理場において,鶏アデノウイルス(FAV)感染の疑われる筋胃びらんが見い出された。筋胃びらん材料の31例から鶏胚肝細胞を用いてウイルス分離を試みたところ,円形の細胞変性効果(CPE)を示すウイルスが16例から分離された。ウイルスは全て,間接蛍光抗体法および電子顕微鏡観察によりFAVと同定された。ウイルス希釈法による中和試験で血清型別を行ったところ,13株は血清型1と同定されたが,やや異なるCPEを示した残り3株は血清型8に分類された。血清型1の分離株(JM1/1)は21日齢のSPF鶏に経口投与すると筋胃病変が再現されたが,血清型8の分離株(B13-1)では再現されなかった。
収録種別 :紀要論文
ISSN :04530845
公開者・出版者 :鹿児島大学
URI :http://hdl.handle.net/10232/1481
掲載雑誌 :鹿兒島大學農學部學術報告=Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University Vol.55 p.15 -21
出現コレクション:農学部・紀要論文