My Page        Japanese   

Kagoshima University Repository >
Faculty of Law, Economics and Humanities >
Faculty of Law, Economics and Humanities, Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10232/14857

 

Files in This Item:

18828728_v6_1_Sakurai.pdf1972KbAdobe PDFView/Open
Title :フーコー的権力論を語りたくなる状況に関する、非フーコー的権力モデル : 続・ナッシュ(ハーサニ)交渉解援用による、権力と意味の一モデル
Authors :桜井, 芳生
Authors alternative :Sakurai, Yoshio
Issue Date :Oct-2012
Abstract : 筆者は、ナッシュ交渉解(ナッシュ均衡でなくて)を援用した権力モデルの構想を発表した。本稿では、その議論を振り返り、そのモデルが、フーコー的権力論を語りたくなる状況にたいしても、十分な記述性能をもつことを述べ、主張する。さらに、フーコー的権力論では、かならずしも十分に記述できたとはいえなかったある点についての記述性能「をも」もっていると主張する。大きな敵がはっきりしないような現代においても、直観的に感じ取られるような疎外感・抑圧感のようなものを直観的にかんじとっているひとびとにとっては、そのような疎外感・抑圧感を記述分析説明するような数少ないツールとしてとしてフーコー権力論は立ち現れたといえるかもしれない。しかし、フーコー的権力論をかたりたくなってしまう状況にたいしても、フーコー的権力論以外の記述用具が少なくとも一つ存在することが明らかになった。  フーコー的権力論の「独占」は終わった。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :18828728
Publisher :社団法人国立大学協会九州地区支部 九州地区国立大学間の連携に係る企画委員会 リポジトリ部会・編集委員会
URI :http://hdl.handle.net/10232/14857
Citation :九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 Vol.6 no.1
Appears in Collections:法文学部・学術誌論文