鹿児島大学リポジトリ総合案内

鹿児島大学リポジトリの概要


鹿児島大学リポジトリは、鹿児島大学で行われる学術研究・教育活動によって創造された成果物(研究論文・学会発表資料・教材等)を収集し、学内外に無償で公開するためのシステムです。

鹿児島大学リポジトリで公開された論文等は、著作権の範囲内でどなたでも自由にご利用いただけます。

 

鹿児島大学リポジトリに登録されたコンテンツは、リポジトリのページから検索することもできますが、Googleなどのサーチエンジンや、JAIRO(国立情報学研究所)、OAIster(世界中のリポジトリを収集)などの論文検索システムで、世界中のコンテンツと一緒に検索することもできます。


◇研究者にとっての意義

  1. 新しい研究成果発信ルート
  2. 研究成果の可視性が高まる
  3. 研究成果の永続的保存

鹿児島大学リポジトリデータの管理に以下の形式(ハンドルシステム)を採用しており、登録された論文等のURLは、今後サーバの入れ替え等があっても変わることがありません。



◇大学にとっての意義

  1. 鹿児島大学で創造された研究・教育成果を一元管理し、かつ恒久的な保管にも活用できる。
  2. 鹿児島大学の研究・教育成果をオープンにし、社会への説明責任を果たす。
  3. 研究成果の社会貢献やマスメディアからの参照等、一般社会からの認知度を獲得して大学ブランドの向上を目指す。

◇収録対象コンテンツ

 リポジトリに登録されるコンテンツは、雑誌掲載論文、科研費報告書、学会発表資料、紀要掲載論文、学位論文(博士、修士)、学生向け電子教材など、本学研究者による学術成果です。
詳細はこちら


◇リポジトリで公開可能な学協会誌について(鹿児島大学の研究者の皆様へ)
 CiNii(NII論文情報ナビゲータ)無料一般公開をしている学協会誌のうちリポジトリに登録可能なものがあります。
これらの学協会誌の論文等について、リポジトリへの登録を希望される場合は、以下へお問い合わせください。

 送付先↓
  学術情報部情報管理課学術コンテンツ係
  内線 7445 
  mail
  

  (スパム対策のため、画像になっています)